通販でコルヒチンを購入

前兆を感じたらコルヒチン

 

 

痛風の激痛が起こる前にコルヒチンを服用しています。
コルヒチン

 

1年に何度か朝起きた時に、足の親指から甲にかけて”ピリピリ、ムズムズ”とした違和感を感じることがあります。
これが痛風の前兆なんですね。
痛風

 

私も何度か痛風特有の激痛を感じたことがありますが、きまって前触れの予兆が起こっていました。

 

 

そこで痛風を予防するためにコルヒチンを服用します。
コルヒチン

 

尿酸の結晶を攻撃してくる白血球の働きを防ぎ、激痛止める作用があるために、痛風の予防薬の効果が期待できます。

 

コルヒチン詳細・購入について>>

 

 

 

コルヒチンの効果

痛風の治療薬には経過に合わせて「発作直前に飲む予防薬」「痛風の発作の痛みをとり招く鎮痛薬」「尿酸値を下げる尿酸降下薬」の3種類に分けられるのですが、コルヒチンは発作直前に服用するタイプの薬になります。

 

 

痛風の原因としては、血液中の尿酸値が高いことにより、関節に尿酸の結晶が蓄積するため、我慢ができないほどの激痛が起こります。
激痛

 

関節にたまる尿酸の結晶は、白血球の一つに分けられている好中球が大量に吸収されるため痛めの原因になるといわれています
血液

 

尿酸値が増えれば必ず痛みが起こるというわけではなく、白血球の好中球が関節に集まることが大きく関係してくると言われています。

 

 

そこで痛風の予防に服用するのがコルヒチンになります。
コルヒチン

 

ようするに、コルヒチンを服用することで、好中球が集まることを阻害するために、痛風の痛みを軽減させたり、予防してくれます。

 

痛風患者によっては痛風発作が起こる前に、「ピリピリ、ムズムズ」するなどの前兆を感じることがありますが、この前兆を感じた時にコルヒチンを服用します。
(経験者はこの前兆がすぐにわかります。)

 

そうすることで痛風発作を未然に予防し、痛みを軽減させることができる。

 

かなり昔に開発された痛風発作の薬ですが、今でも痛風の初期治療に使われています。

 

 

ただし、痛風の痛みを感じてからコルヒチンを服用しても、その場で感じている痛みをすぐに抑えることはできません。
痛風の痛み

 

コルヒチンは痛みの原因を阻害する効果はありますが、「消炎・鎮痛作用」は期待できないために、激痛を感じた場合には解熱鎮痛剤(ロキソニン、バファリン、イブ)を服用し、痛みを軽減させることが大事。

 

 

コルヒチンを通販で購入する

コルヒチンの購入については「病院、通販」の2種類の選択肢があります。
コルヒチン

 

一つが病院で、最初に利用する人も多いかと思います。
病院の内科、整形外科、リウマチ科などを受診し、医師が必要と判断した場合に処方が許されます。

 

やはり毎回のように病院で検査をし、コルヒチンなどの痛風治療薬を処方してもらうこと一番。
購入

 

しかし毎回のように病院に受診をしても、
”薬を貰うだけだったり”
”病院までの距離が遠方”
”貴重な休みを使って病院に行かなくてはいけない”
など、それなりの無駄な時間、手間がかかってしまう。

 

 

そこで活用したいのがネット通販でコルヒチンを購入することです。
医師

 

国内では医師の処方箋がないと薬を購入することができませんが、海外で販売している薬の場合は処方箋は必要ありません。

 

 

そのため海外で製造、販売をしているお店でコルヒチンを購入するわけですね。
あくまでも英語表記の海外のお店からコルヒチンを直接購入するわけではなく、間に個人輸入代行サイトを利用し購入します。

 

 

個人輸入代行サイトは日本語で記載されていて、楽天やAmazonのように簡単に商品を注文することができます。

 

お店によっては「注文、送料」が無料のサイトがあるので、もし個人輸入サイトを使う場合は、いろいろと探して見てもいいかと思います。

 

 

ただし国内の病院で処方された薬を購入するわけではないために、副作用が起こった場合などは自己責任となります。
そのために通販で購入する前は、「副作用、効果、使い方」などをしっかりと調べて、最終判断を行うことが大切になるかと思います。

 

コルヒチン詳細・購入について>>