尿酸値を上げるプリン体

痛風のことを考えるビールはダメ?

尿酸値が高まりやすい要員の一つにアルコールが関係します。そのなかで一番がビール。
わたしも毎日のようにアルコールを飲みますが、最初に飲むのがビールです。

 

仕事から帰った時に、冷やしたビールを飲む。これはストレス解消に効果があると思い、毎日のように美味しく飲んでいます。

 

しかし、アルコールの中でプリン体が多いためにどうしても痛風が起こりやすくなる。

 

アルコールのプリン体含有量を見ればわかるように、ビールには日本酒の5倍以上、ワインの約15倍のプリン体が含まれていると言われています。

 

どうしてビールにはこんなにもアルコールが含まれているのでしょうか?
この意味としては、尿酸値の高い人にとっては天敵になるし、今まで大好きに飲んでいた人にはかなりの致命的になるかとおもう。

 

しかし、高カロリーであるため肥満のリスクも高い、、、。

 

そのために、尿酸値の高い人や痛風の発作を起こしている人、それから肥満や糖尿病、権衡を考えている人はビールやアルコールはできるだけ控えること。

 

最近では、プリン体の少ないビール、それから焼酎やウイスキーにはプリン体が少ないために飲む人も結構いるそうですが、尿酸値を下げるにはアルコール全般を減らすことが重要になります。