水分が含んた肉

毎日の食事で工夫をしたいこと

プリン体が原因で尿酸値が上がり、痛風になってしまいます。そのために、心がけたいのが、毎日の生活でプリン体の少ない食事を選ぶことです。

 

プリン体は尿酸の元になる物質であり、酒の肴になる美味しいものばかりです。というよりも、酒のビールや焼酎にプリン体がたくさん含まれているので、その肴にもプリン体がたくさん含まれていたら、尿酸値も高くなりますよ。

 

もともとプリン体はおいしくなる味を高める要素なので、美味しい食べ物には絶対と言っていいほど含まれています。そのため、プリン体を制限し過ぎると、それだけ食事がおいしくなくなります。

 

どんなに尿酸値を高めないように意識しても毎日のようにプリン体の少ない食品、つまり美味しくない食品を選んでいくのも辛いものです。

 

そのためプリン体を制限しすぎるのはよろしくありません。高プリン体食品の過剰摂取を避けながら、うまく付き合っていくことです。

 

肉類にはたくさんのプリン体が含まれているために、食べ方に工夫をすることです。

 

例えば、焼き肉などにはたくさんのプリン体が含まれているために、しゃぶしゃぶにしたり、蒸したりすることで、かなりプリン体の数字を下げることができます。

 

それから、肉を食べるときは、野菜などのビタミンが豊富な食品を選ぶことです。ちょっとしたことですが、意識することでぜんぜん変わるために、毎日の食生活をどれだけ維持できるかが重要になると思いますね。