過剰は負担をかけてしまう

過剰摂取で尿酸値が高まる恐れ

尿酸値を下げる、痛風にならないようにするためにはタバコを吸わない、アルコールは控えめにすることは意識しなくてはいけませんね。

 

適度なアルコールは健康的には申し分有りません。多少の酔は人とのコミニケーションを円滑にしてくれますので。酔をうまく利用することは大切であり、ストレスを和らげることにもつながります。

 

酒を呑むときは、空腹時にいきなり飲むと、アルコールの吸収がよく腎臓を傷めてしまうおそれがあるので、使い分けたいところです。

 

それから、ゆっくりと飲む、短時間に飲むと、いや腎臓に負担をかけてしまいがちです。また悪い良い野球生アルコール中毒の原因にもなりかねません。

 

とりあえず、ビールや駆けつけ3杯ほどを意識してから、まずは体のことを考えておきたいところです。

 

一番厄介なのがタバコですね。
タバコを吸いたくなるというひとが多いのですが、アルコールを摂取すると、脳内に快楽物質と呼ばれるドーパミンが放出されて、脳は快楽を感じるようになるのですが、同時にタバコを吸うと快楽に対する脳の反応が鈍くなります。

 

更にアルコールを求めるようになり、過剰なアルコール摂取につながってしまいます。タバコが体に悪いというのはわかっていても、深い酒と過剰喫煙という悪循環に苛まれてしまうために、自分にとって本当にどのようなことが体にいいのか、健康に繋がるのか、尿酸値を下げることに繋がるのかを考えておくことが重要になると思います。

 

たしかに、タバコを吸う事で気分を抑えるという感覚があるのかもしれません。しかし、発がんなどの煙草の害は防げません、さらにアルコールを飲みながらも、タバコを吸うと、食道がんなどのリスクが比較的に高くなることもわかっています。