尿酸値が貯まると白血球の異物が貯まる

白血球の異物が原因で痛みに

私の場合、きまって足の親指の付け根あたりに痛みが起こります。
一般的に、痛風の発作に悩まされる男性も、この足の親指の付け根などの下関節に起こりやすいそうです。

 

ただし、動作や運動、ストレス、急激な尿道地の変動などをキッカケに、関節に付着していた白血球の結晶が関節の中に剥がれ落ちた時に起こるために痛みが起こる。剥がれ落ちた尿酸の結晶を免疫細胞であるへっ血球が異物と認識しては異常する。

 

そのため、我慢ができない耐えられないほどの痛みが起こり、腫れや関節の炎症が起こってしまいます。

 

できることなら、痛風が起こる一歩手前の段階でコルヒチンを服用し痛風を予防することが大事になりますね。

 

あくまでも、高尿酸値結晶が高まるからといってすぐに痛風の痛みが起こるわけではなく、尿酸値が高まってから、じょじょに白血球の異物がたまり徐々に痛みが起こるために、コルヒチンを服用し、白血球の異物を消滅させることが重要になります。

 

 

現代の痛風は、昔と事なら若い男性、女性にも起こりやすい病気のために、少しでも違和感を感じたら、病院で診てもらうことが重要になるかと思います。