尿酸値を高くしないように心がける

痛風と白血球

いつもと違った違和感を足先に感じた時「これはやばい、痛風の予感」そんな時にコルヒチンを服用しています。

 

そもそも痛風が起こるのは、高尿酸血症の基準値を7.0mg/dリットルとして、これが血液中に溶け込んでしまうこと、濃度の上限が高まることで痛風が起こりやすくなると言われています。この尿酸飽和濃度を超えてしまった時、あくまでも痛みが起こるわけではなく、白血球の一部がたまり、神経に痛みを与えることで、痛風が起こります。

 

コルヒチンは、この白血球がたまらないようにするための薬になります。

 

尿酸はトゲトゲした針錠の尿酸の決勝となって、関節に少しずつ蓄積される。肝臓の中にも同じようなものが起こると言われています。

 

お酒を飲み過ぎたり、脂物を大量に食べたりすることでも起こると言われていますが、最近ではDNAが関係することもわかっています。

 

高尿酸血症が持続することで、結果的に尿酸の結晶が徐々にたまり、関節内の組織にたまることで起こる。痛風の発作は足の親指の付け根などの関節に発症。

 

できることなら、ふだんからの食生活などを心がけ、尿酸値を高まら内容に心がけることが重要になるかと思いますね。なってからでは遅いために、どのようなものを食べたら尿酸値が高くなるのかを事前に調べておくことが大事。